お金を使うのは悪という風潮に反論

 

カズレーザーがテレビでお金を使うのは悪だという風潮に反論したということです。

 

「日本はデフレの時間が長かったから、そういうね。でも、お金を使うことは資本主義だとプラスの波及効果があると思っていて」と持論を展開したということ。

 

お金は使わないとダメです。

倹約が美しいとかそういうことを言っているから停滞する。

 

資本主義が良いかどうかは問題はあるにしても今こうして生活している分には使わないと経済がまわらなくてみんなが苦しい思いをします。

 

お金持ちが使うことに関しては否定的な見方をしてはいけないんです。

なかなかこの価値観が受けいられるのは難しいのでしょうけど、変わっていかなければいけないのだと思います。

 

お金を使うことは悪であると考える傾向

 

 

多くの人は、お金を使うことは悪だと考えがちです。結局のところ、お金を使うより貯める方が良いのではないでしょうか?しかし、この結論を出す前に、いくつか考慮すべきことがあります。

 

ひとつは、お金は単なる道具であることを認識することが大切です。それ自体が良いとか悪いとかではありません。重要なのは、それをどう使うかです。賢く使えば、人生を豊かにする素晴らしいツールになります。逆に、愚かな使い方をすれば、人生を台無しにすることもあります。

 

第二に、すべての支出が同じではないことを認識することが重要です。衣食住のように必要な支出もあります。一方、娯楽や嗜好品に費やすような支出は任意です。必要な支出に集中し、オプションの支出を減らすようにすることが重要です。

 

最後に、人生にはお金だけではないことを忘れてはいけません。人間関係や健康、幸せなど、お金よりも大切なものがあります。お金に人生を支配されないでください。賢く使って、人生を楽しんでください。

 

お金を使うことは、どのように良いことなのか

 

お金が世の中を動かすことは周知の事実です。現代社会では、お金を使うことがすべてです。最新のガジェットを買うにせよ、豪華な旅行に出かけるにせよ、単に日用品を買うにせよ、常にお金が関係しています。

 

しかし、多くの人が気づいていないのは、お金を使うことは実は良いことなのです。その方法をご紹介しましょう。

 

1.経済を活性化させる。

 

もし、みんながお金を使わなくなったら、経済は行き詰まるでしょう。企業は閉鎖され、雇用は失われ、全体として大惨事となるでしょう。だから、ある意味、お金を使うことは、経済を維持するために自分の役割を果たすことでもあるのです。

 

2.成長を促進する。

 

お金を使うということは、本質的に企業や製品に投資していることになります。そして、何かに投資するということは、それが成長するチャンスを与えるということです。つまり、お金を使うことは、ビジネスの世界でも、経済全体でも、成長を促進することにつながるのです。

 

3.雇用を創出する。

 

前述したように、お金を使うことでビジネスを継続させることができます。そして、ビジネスが回っていれば、それを維持するために従業員が必要になります。つまり、お金を使うことで、間接的に雇用を生み出す手助けをしていることになるのです。

 

4.より良い生活を送ることができる

 

正直に言うと、人生にはお金がかかるものです。しかし、お金を使う手段があれば、実際に生活の質を向上させることができるのです。例えば、健康的な食べ物、快適な服、素敵な住まいを買うことができます。また、そのお金で旅行をして、世界を見ることもできます。要するに、お金を使えば、あなたの人生をより良いものにできるのです。

 

5.幸せになれる

 

最後になりますが、お金を使うことで幸せになることができます。本当に欲しいもの、必要なものを買ったとき、幸福感や満足感を感じるのは自然なことです。ですから、もしあなたが気分を高める方法を探しているなら、お金を使うことがその答えかもしれません。

 

もちろん、お金を使うことにはデメリットもあります。気をつけないと、簡単に借金を背負ってしまいます。また、お金を使いすぎると、将来のための貯蓄が難しくなるかもしれません。しかし、支出に注意する限り、お金を使うことのメリットを享受できないわけではありません。だから、自分にご褒美をあげましょう。

 

お金を使うことにはどんな価値観があるのか

 

この質問に対する答えは1つではありません。個人の価値観や優先順位によって異なります。しかし、支出を決定する際の指針となる一般的な原則がいくつかあります。

 

ある人は経験を重視し、思い出に残るような活動にお金をかけます。一方、モノを大切にする人は、何年も使える上質なモノに投資します。

 

また、地域社会や自分の関心のある分野に貢献することを重視し、収入の大部分を慈善事業に寄付する人もいます。また、将来のための貯蓄を優先し、貯蓄を増やすために支出を制限することに注意を払っている人もいます。

 

自分にとって何が大切なのか、それを知るには、自分の価値観や優先順位を振り返ることが一番です。自分にとって何が一番大切なのかが分かれば、自分の価値観に合った支出を決めることができます。

 

賢くお金を使うにはどうしたらいいか

大切なのは、どれだけ稼いだかではなく、どれだけ節約したかです。賢くお金を使うためのコツを紹介します。

 

1.予算を立て、それを守る。

 

賢くお金を使うための最初のステップは、入ってくるお金と出ていくお金がどれくらいあるのかを把握することです。これを予算を立てることといいます。予算が決まれば、お金を節約する方法を探し始めることができます。

 

2.必要なものだけを買う

 

お金を節約する最も簡単な方法の1つは、必要なものだけを買うことです。つまり、必要のないものを衝動買いしてはいけないということです。数日待って購入すれば、同じ商品がより安く手に入るかもしれません。

 

3.クレジットカードは使わない。

 

クレジットカードは、持っていないお金を使うための簡単な方法です。クレジットカードを使うと、現金で支払った場合よりも高い金額を支払うことになります。クレジットカードは緊急時のみに使用するのがベストです。

 

4.価格を比較する。

 

購入する前に、必ず価格を比較する必要があります。これは、インターネットを使うことで簡単にできます。あなたが別のアイテムの価格を比較することができます多くのウェブサイトがあります。

 

5.クーポンを使う

 

クーポンはお金を節約するための素晴らしい方法です。新聞や雑誌でクーポンを見つけることができます。また、オンラインでクーポンを見つけることができます。

 

6.外食はしない。

 

外食は高くつきます。家で料理をすれば、かなりの節約になります。また、自分でお弁当を作れば、節約になります。

 

7.新しい服は買わない。

 

中古の服を買えば、お金をたくさん節約することができます。中古の服を買える場所はたくさんあります。また、ガレージセールで買い物をすれば、お得な洋服が見つかります。

 

8.映画館には行かない。

 

映画にはお金がかかります。図書館で映画を借りたり、テレビで見たりすれば、お金を節約することができます。

 

9.高価なおもちゃを買ってはいけません。

 

安いおもちゃでも、子どもたちは同じように喜びます。おもちゃを安く売っているところはたくさんあります。

 

10.休暇をとらない。

 

休暇はお金がかかるものです。家にいることでお金を節約できます。

 

## お金を使ってもいいのはどんな時か?

お金を使ってもいいのはどんなとき?

 

この質問に対する答えは、人それぞれの状況によって異なるため、単純なものではありません。しかし、お金を使ってもいいタイミングを判断するのに役立つ、一般的なガイドラインがいくつかあります。

 

まず、自分の経済状況を考えてみましょう。借金があったり、生活費に困っていたりする場合は、不必要な買い物に浪費するのは得策ではないでしょう。しかし、基本的な支出をカバーした後に余分なお金がある場合は、素敵な新しい服や町で夜を過ごすために自分自身を治療するために余裕があるかもしれません。

 

もうひとつ考慮すべきは、あなたの個人的な目標です。家や車など大きな買い物のためにお金を貯めようとしているのなら、小さなアイテムにお金をかけるのは得策ではないかもしれません。しかし、人生を楽しみたいのであれば、自分が満足できるような経験やアイテムにお金を使うのは問題ありません。

 

最終的に、お金を使ってもいいタイミングを決めるのは、あなた自身です。ただ、大きな買い物をする前に、自分の経済状況と目標をよく考えてください。